リフォーム例

完成しました(那須町リフォーム)

外は猛暑ですが、室内はエアコン無しでも涼しいです!
年月を経た梁や柱と共に、新しい無垢の床や建具が
これからもずっとこの家と家族を支えて行く事になります。
断熱リフォーム例1
断熱リフォーム例2
リフォームとしてはかなり長い期間を費やしましたが
心地良い空間を創れたと思います。
これからも末永いお付き合いが出来るよう頑張ります!
この家は後ほど完成物件紹介のページでご紹介します。

抗菌塗装中(那須町リフォーム)

健康な空間を実現するために抗菌・消臭・化学物質の分解作用の
有る塗装の施工中です!
当社で開発いたしましたこの塗装は、皆様お馴染みの自然素材
を原料とした粉末を塗料に混ぜ込んでいます。
この粉末には、様々な抗菌作用(詳細データが有ります)や、
臭い成分を分解(吸着だけなら多数存在すると思いますが、分解
する物はとても少ないです)出来る効力を持った塗装です!
抗菌塗装
写真ではわかり難いですが通常塗装仕上げの場合は、マットな
感じの平らな仕上げにするのが美しいとされますが、あえて
塗りっぱなし感を出すべく、刷毛目を残して塗ってみました!
この方が、抗菌剤と空気の接触面積も若干増える事も
見込んでいます。
現場は着々と仕上げ工程が進んでおります!

空気循環システム(那須町リフォーム)

暖かい空気は上昇し、上階の方が気温が高くなるのは
当たり前の事で、高性能住宅でも、その度合いはかなり
低いですが上階の気温が高くなる傾向が有ります。
そこで、極力上下階の温度差を無くすために空気循環
システムを使用します。
空気循環システム
仕組みは至って簡単ですが、このシステムで温度差の
非常に少ない空間を作る事が出来ます。
ロフト
ロフトも、もうすぐ完成です。
狭いながらも秘密基地的な雰囲気の空間になりそうです!

内装工事中(那須町リフォーム)

今日は突然の豪雨で外は寒いですが、家の中は灯光器の熱だけで全ての部屋が
とても暖かいです。断熱工事が完了したので、内装工事が徐々に進んでいます。
天井と階段が大体出来て来ました。天井はシナベニア目空かし張り、階段は
ストリップ階段で、アルミフレームのアクリル板の手摺が付く予定です。
ストリップ階段

現場発泡ウレタン吹付(那須町リフォーム)

高断熱と高気密を簡易に実現させるために
現場発泡ウレタンフォームを吹付けています。
2階天井及び1階屋根は300㎜厚、壁は120㎜厚
基礎の立ち上がり及び外周1メートルは200㎜厚
で吹付けています。
天井ウレタン吹付
ここは2階天井裏です。2階天井は施工しないので
現在の天井裏に直接吹付けます。
壁面ウレタン吹付
2階壁面は、石膏ボードを剥がして吹付、天井の
吹付とつなげます。
このように、既存住宅でも比較的容易に、しかも
かなり高度に断熱性能を高めることが可能です。
ちなみに2階のサッシは、現在は旧TOSTEMの
デュオPGですが、確実に性能が不足するので
内側に樹脂のペアガラスインナーサッシを追加します。

アルゴン入りトリプルサッシ(那須町リフォーム)

高性能住宅らしい工事が始まりました。
まずは、サッシです。
エクセルシャノンの『トリプルシャノン』を取り付け
ました。ガラス3枚で、空気層はアルゴンガスが2層
になっている樹脂サッシです。
現時点の国産樹脂サッシで最高級の性能を誇ります。
トリプルガラス
外観もシンプルながら高級感が有ります。
トリプルシャノン

梁磨き完了(那須リフォーム)

古民家の様な立派な梁を磨いて仕上げました。
黒く塗装してしまうのは簡単ですが、磨く手間を
掛けると、とても趣深い仕上がりになります。
これから更に何十年も味わいを増しながら、この
家を支えてくれる事でしょう。
見た目にもとても気持ちが安らぐ空間になると
思います。私たちは、住む人を癒す事の出来る
高性能住宅を創って行きます!
磨き大梁

各部補強工事(那須町リフォーム)

床下地もだいたい出来て来たので、各部補強を行います。
見積りでは入ってませんが、可能な補強は行った方が良い
と考え、施工しています。
補強工事
震災でも被害のほぼ被害の無かった家ですが、高性能住宅に
リフォームするに当たり、耐震性も更なる高性能を実現させます。
窓が無いため昼間も真っ暗だった中廊下は、天井を一部外すと
光が差し込みました!
20130315142618.jpg
この後光を拡散させる様に施工します!

床下地施工中(那須町リフォーム)

土間コンクリートの打設が完了して、大工さんが床下地の施工を行っています。

施工の都合上、この現場ではネダレス工法ではなく、通常の根太工法の床下地

としています。

20130313141832.jpg

給排水設備工事も同時に施工を行っております。

20130313141852.jpg

給水管はヘッダー管としています。メンテナンス性及び耐久性も向上します。

床解体完了(那須町リフォーム)

始めは床下地は残すつもりでしたが、かなり傷んでいたのでほぼ全撤去になりました。

下地まできれいに無くなったので床束を支える事や、断熱の事も含めて、全面土間

コンクリートを打設します。ほぼベタ基礎になる事で、基礎内側に現場発泡ウレタンを

吹き付けて基礎断熱となります。

20130306113710.jpg

解体途中です(那須町リフォーム)

風格の有るとても立派な梁が現れました!
当初は天井は解体せずにリフォームする予定でしたが、
工事を進める上で、解体したほうがスムーズと判断し
解体しました。事前に立派な梁の存在は知っていましたが
実際に現しにすると圧巻です!
天井で隠してしまうのはもったいない。。施主様に要相談です!
大梁

解体工事始まりました(那須町リフォーム)

那須町のリフォーム工事の解体作業が始まりました。
築46年の家のリフォームですが、壁内部120mm、
床下135mm、天井の上300mmでウレタン吹き付け。
サッシはエクセルシャノンのアルゴンガス入りトリプル
を使用します。断熱性を確保出来るので間取りも
大空間に変更します。
快適な空間で伸び伸び生活出来る様に頑張ります!