ブラケット外張り断熱(Only1の家マイナスエネ)

躯体工事が完成しサッシの取り付けが完了したら
ブラケット外張り断熱工事に入ります。
まずは屋根のブラケットを取りつけて行きます。

ブラケット取り付け.jpg
ブラケット取り付け.jpg

青い物がブラケットになりますが、グラスファイバーを混入した
ポリカーボネイト製で、非常に熱伝導率が少なく、かつ高強度な
物になります。このブラケットに断熱材を引っ掛けるように施工する
事で、長ビス施工の外張断熱の様なヒートブリッジを防げますし
重たい仕上げでも問題なく施工できます。
ブラケットの取り付けが完了したら断熱材を嵌め込んだ後上垂木を
取り付けて行きます。
屋根外張り断熱
屋根外張り断熱

屋根の外張断熱の厚みは200mmなので、100mmの断熱材を
2重に施工します。
屋根外張り断熱2
屋根外張り断熱2

この上に屋根下地を施工し、屋根仕上げになります。
次は壁の外張り断熱施工へと移ります。

※現場をご覧になりたい方は随時ご案内しておりますが
なにぶん従業員が大変少ないので事前にご連絡頂けると
大変ありがたいです。
内覧お申込フォーム
内覧希望にチェックを入れお名前とメールアドレス及び
ご覧になりたい日時とをお知らせ下されば、追って
現場所在地をお知らせします。お申込をお待ちしております!