地盤補強工事(Only1の家ゼロ・エネ)

地盤改良のため鋼管杭を打込みました。

地盤改良
地盤改良

先端に広がったドリルの歯の様な物が付いた杭を回転させながら
打込みます。
地盤調査結果通り、3.5mの鋼管杭は、2.5mまでスムーズに
回転し、その後ガリガリと音を立てて地盤を削りながら、設計位置
まで打込みました。
強固な地盤にしっかり到達した状態になりました。
型枠
型枠

改良工事完了後、砕石を入れ、捨てコンクリート打設後型枠を
設置しました。
通常は、当社の基礎は鋼製型枠を使用しているのですが、
今回の建物は、長期優良住宅で、構造計算を行った結果
かなり強固な基礎構造が必要となっているので、鋼製型枠
では寸法が足りず、木製型枠での施工となります。
次回は、基礎の外張り断熱を敷設後配筋工事を行います。